血便との戦い・リキ編の終わり

メルママ
06 /06 2015
慌ただしくて、大分間が空いてしまいました。
この記事でリキの血便の話を終わらせます。

前回の記事で書いた通り、リキは整腸剤が切れた途端に下痢をしました。
完全な水下痢です。

そこで、リキの様子が元気だったことを確認した上で、数日様子を見ようと思いました。
ネットで色々調べたのですが、ある程度成長していて元気だったら、最低半日は絶食させて、ささみを少しずつあげて様子を見ると書いてあったのを実践しました(なお、仔猫ながら下痢で命が危うくなることもあるそうなので、すぐに病院に行った方がよいとのこと)。
そしたら、下痢の前の血便が嘘のように、良い感じの状態になりました


↓以下3枚がリキが誕生日の日の写真です。おもちゃを漁っています。

20150406①

20150406②

20150406③




リキのお腹の状態が安定したまま4月下旬まで過ぎましたが、その頃からまたリキのお腹が緩くなり始めました。
そのときは季節の変わり目だからなのだろうと思っておりました。
しかし、後日自分で調べて気付いたのですが、これはペトロモルトの分量を間違えたためだと思われます・・・。
私の完全な思い違いによって、多めにあげてしまって、お腹がゆるくなってしまったのです・・・リキごめんよ・・・。
ペトロモルトってあげすぎると下剤になるのですね・・・。
またお腹の調子が悪くなり血便になりましたが(前回のようなひどい血便ではない)、つい先日完全回復しました。
よかった・・・。


↓自作のおもちゃです。リキがよく遊んでくれてます。

20150516①

20150516②



リキ「お母さん、しっかりしてね」

20150516③


本当に反省してますよ(涙)







一方、メルはまだゆるいですが、少しずつ良くなっていってます。
メルについてはまた別の記事でまとめます。
この記事を書いている間に、メルのかまって攻撃を何回もうけており、落ち着かない。。。


↓5月中旬のメル&リキ。
メルもリキとのちょうどよい距離感をつかめてきて、メルが一方的にちょっかいを仕掛けることがなくなりました。

20150509①



メル「お母さん、僕のことをもっとかまわないとダメだよ」

20150509②


かなりかまっているのに、まだ足りないのでしょうか・・・



ノルウェージャンフォレストキャット ブログランキングへ
スポンサーサイト

メルママ

ノルウェージャンフォレストキャットのメル♂の母です。

夫婦ともに猫を飼うのは初めてで、何かあると心配しすぎるくらい心配してしまいますが、メルと一緒にいられて幸せいっぱいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。